スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.01.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

懐かしSHOW写真館04



■写真館で書き割りを背景にして記念撮影の様子です。当時の服装や女性の髪型がとても興味深いですね。子どもたちもつんつるてんの和服に学帽、そして下駄というお決まりの格好で親父も頑固そうです。




■上の写真は自分の家の庭先で撮ったもののようです。髪型は明治時代を彷彿させますが、昭和初期の写真と思われます。

■写真協力・山都町郷土史研究会

■懐かしSHOWA写真館03


■勤労貯金を現金でなく縄で行っていた記録です。農家にとって現金はなかなか手に出来なかった時代を物語っています。夜になると囲炉裏にあたりながら縄ないをするのが子どもたちも含めて家族全員の仕事でした。


■乗合自動車が山都まで来たのを記念して撮影されたものでしょうか。山都〜一の木間は昭和十八年に運行された記録が残っています。運転手さんの洋服は当時としてはハイカラだったんでしょうね。

協力・山都なじょすんべ協議会

■懐かしSHOWA写真館02



古くから稲作信仰、成人儀式などの山岳信仰を持つ飯豊山は女人禁制で、15歳までに登頂しないと一人前の男子として認めてもらえませんでした。
女性初登山の記録は大正4年にありますが、団体で登った初めての画像を見つけました。
昭和7年(1932年)に会津高等女学校の山岳部が初の女性団体で飯豊山に登った記録です。会津高等女学校は後の会津女子高校、現在は葵高校の前身にあたります。


懐かしSHOWA写真館01

山都町郷土史研究会との合同チームで古い資料の中から見つけ出した貴重な映像の数々を紹介する「懐かしSHOWA写真館」のコーナーを作りました。


▲1910年に磐越西線(当時は岩越線)喜多方〜山都間が開通し供用を始めた「一ノ戸橋梁」の工事中の様子です。建設時は東洋一との呼び声が高く、16支間445m、高さ24mの長大な鉄橋で今もSLが走る時などカメラの行列が出来ます。


▲鉄道の開設に伴い水運業は衰退の一途を迎えてしまいました。新潟まで荷物を積んだ船が行き来していた阿賀野川では競艇が盛んだったのですね。今でも荻野は漕艇場として有名です。

山都文化祭で入賞作品を展示。

11/1-2に山都町体育館で行われた「山都文化祭」で入賞作品と懐かし写真を展示しました。



グランプリから入選作品まで計10点を展示しました。



山都町郷土史研究会との合同チームで掘り出した貴重な史料をデジタル化し、プリントしたものです。
「懐かしい!」という声がよく聞かれてやった甲斐がありました。

新そばまつりで優秀作品を展示しました。



天候にも恵まれてたくさんの人たちが「山都新そばまつり」で新そばを楽しみにやってきました。
その入口の横では「山都の写真大募集!」の入賞作品が展示されました。

写真好きな人たちが大勢いるんですね。多くの人たちが観て楽しんでくれました。



余談ですが、優秀作品の他に「山都町郷土史研究会」の方々の協力を得て発掘した大昔の山都の写真も展示したところ、ご年配の方々などが食いつくように観ていました。よほど興味を引くものがあったのでしょう。
この写真の他にも古い写真がたくさんあります。
11/1-2日の山都町文化祭でも発表しますのでぜひお出かけ下さい。

ネットでも発表していきたいと思いますので乞うご期待。

速報!! 入賞者決定しました。

本日審査会が行われ、名前なしで公正に写真のみを審査した結果、下記のように決まりました。

「山都の写真大募集!」結果発表

★グランプリ
小川 夕紀子さん(喜多方市山都町)19「絶景! 沼の平の千枚田」
※審査員Aさんのコメント
「山都らしい小さい棚田の実りの情景が上手くとらえられていて、ほのぼのとした写真になっていて素晴らしいです。」

★準グランプリ
山崎 剛さん(喜多方市山都町)21「故郷の飯豊山」
審査員Bさんのコメント
「田んぼの水鏡に写る雪の飯豊山は、山都の最も魅力的な景観のひとつ。その中での山都の暮らしが、ごく自然に撮られています。」

★準グランプリ
石井 和彦さん(東京都)62「お姉ちゃんにまけない」
※審査員Cさんのコメント
「昔懐かしいコロバシで、除草する愛らしい女の子の表情を上手に撮っていますね。」

★審査員賞
千年原 博人さん(喜多方市塩川)70「無題」
審査員Dさんのコメント
「魚眼に近い広角を使いながら、線路を真ん中に配置して撮ったことから、撮り慣れているなと思いますが、出来れば鉄橋がメインなので、花火の位置がセンターでなく、もう少し左右どちらかに配置されると良かったと思います。」

★昔写真の部
石井 幸代さん(喜多方市山都町)66「夏祭り、てんぐになった父」
審査員Eさんのコメント
「タイトルから見て、子どもが撮った写真なのでしょう。得意になってカメラを持つ姿が目に浮かびます。家族にも地域にとっても貴重な写真です。」

★入賞
小川 光さん(喜多方市山都町)02「無題」
高橋 延昌さん(会津若松市)08「無題」
Afshin Valinejadさん(千葉県)22「無題」
近藤 十三男さん(新潟市)26「SL」
高木 正人さん(二本松市)84「一ノ戸川と虹」

審査員
鈴木 勝さん(会津山都そば協会会長)
大友 治さん(本木・早稲谷 堰と里山を守る会)
佐瀬 真さん(猪苗代町議員・写真家)
星 賢考さん(金山町・郷土写真家)
金子 勝之さん(柳津町・カフェオーナー)


かあちゃんたちのそば祭りでアートギャラリー。

9/13-14に行われる「かあちゃんたちのそば祭り」会場で応募作品の展示を行いました。
デジタルで応募してくださった方の作品をプリントアウトして会場のお客様に楽しんでいただきましたよ。



このすだれにクリップでとめるやり方も素敵だと見ていた方に褒められてしまいました。
お昼時にはたくさんの方に来てもらって楽しんでいただけたようです。

明日=9/14も10:00〜15:00までやっていますのでお時間のある方はぜひ足をお運びください。

また、10/18-19の「山都新そばまつり」にも展示します。
この時には参考資料として古の写真も公開する予定ですのでお楽しみに。

投稿88、89、90、91、92、93、94、95


88投稿者・K.Sさん(東京都)


89投稿者・K.Sさん(東京都)


90投稿者・K.Sさん(東京都)


91投稿者・K.Sさん(東京都)


92投稿者・K.Sさん(東京都)


93投稿者・K.Sさん(東京都)


94投稿者・K.Sさん(東京都)


95投稿者・K.Sさん(東京都)

投稿83、84、85、86、87



83投稿者・M.Tさん(二本松市)
題名・「ぬまんたいらの入口から」



84投稿者・M.Tさん(二本松市)
題名・「一ノ戸川と虹」



85投稿者・M.Tさん(二本松市)
題名・「秘水」



86投稿者・M.Tさん(二本松市)
題名・「冬の宮古」



87投稿者・M.Tさん(二本松市)
題名・「黒森山と虹」

| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM